焼き肉弁当が好きなただの主婦

無口な旦那と、超インドアな私と、成長のゆっくりな娘と、赤ちゃんの息子と

一人目と二人目育児

こんにちは。

 

 

床上げまであと少し。

外出してないのですっかり体力が落ちまくってます。

 

 

器用でもなく要領も良くない私が二人の育児なんてできるのか不安でしたが、なんとかやれてす!

 

 

2回目の新生児を育てていて毎日思うのは

 

 

「一人目のとき、あんなにひたすら必死になるんじゃなくて、もう少し心に余裕を持って育児できたらよかったな」

です。

 

 

一人目のときは、ある日突然自分のことは何一つできないふにゃふにゃな赤ちゃんのお世話を全て私がしなくてはいけない、何かがあっては絶対いけない!

という感じで

 

 

ちょっと泣いたら「泣かせてはいけない!可哀想だ!」

ちょっと鼻水が出ていたら「私がきっとどこかで寒い思いをさせてしまったからだ!」

授乳が上手くいかないと「私の抱っこが下手すぎるせいだ!」

と、今思うととにかく自分自身をずっと追い詰める思考しかなかったなぁと。

 

 

夜中息をしてくれているか不安で何度も目が覚め確認していたし、羽毛の軽~い赤ちゃん用の布団をかけているけど「布団重たくないかな…」って心配になったり。

 

 

そうです、「可愛いー!!」って思う余裕が全くなかったんです。

 

今一人目の赤ちゃん時代の写真や動画を見ると、それはもうめちゃくちゃ可愛くて仕方ないです。

 

 

当時もっと可愛い可愛いとデレデレしたかったな…。

 

 

二人目育児も毎日大変でてんてこ舞いではありますが、明らかに一人目のときより心に余裕があるなと実感します。

 

 

ちょっと他のことで手が離せないときに泣き出しても「はいはいすぐ行くからねーちょっと待っててねー。あー泣き声も泣き顔もなんて可愛いんだろう!」って思えるし

 

お腹いっぱいなはずだし、オムツも汚れてないし、鼻が詰まってるとかでもなさそうなのに泣き止まないときも

「そうだね!赤ちゃんは泣くときは泣くもんね!元気元気!」と思える。

 

 

ああこれが心の余裕か、と。

 

 

一人目の育児のとき、私は我が子にたくさん笑顔を見せることができてたのかな、いやできてなかっただろうな…

 

 

あの頃に戻って一人目からひたすら可愛い可愛いとデレデレしたいし、当時の自分にそんなに自分を追い詰めなくてもいいんだよと伝えられたらな。

 

 

あと誰も労ってくれなかったので

毎日頑張ってるね、偉い偉い!と自分に言いたいです(笑)

 

 

一言二言でも労いの言葉ってとっても大事。

あるとないとじゃ気持ちが全然違います。

 

 

命を育てるわけですし真剣にやらないといけないのはもちろんです。

でも全てを完璧にしなくちゃ!じゃなくてもいいんですよね。

 

 

人間だもん。全部を完璧に!なんて無理無理。

 

 

あ~~~赤ちゃん可愛いー(デレデレ)